ニスコムについて ニスコムの取り組み

さまざまな取り組みでお客様と社会に貢献します

情報セキュリティへの取り組み

ニスコムではお客様からお預かりする情報資産を始め、個人情報を含む様々な情報資産を取扱っております。
従業員が業務上取り扱うこれらの情報を重要な情報資産と位置づけ、この情報資産を適切に取扱い、保護、管理することは企業としての重要な社会的責務であると認識し、技術的・物理的な対策に加え、従業員への教育・啓発活動を継続的に実施することで、情報管理の維持徹底に取り組んでおります。
業務委託先であるビジネスパートナー企業様に対しても、プロジェクト着任時に従業員と同様のセキュリティ教育を実施することで、全社をあげて情報資産管理を徹底しています。

情報セキュリティの信頼性を確保するため、2005年より情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)としてISO27001を取得し、継続的な改善を進めています。

情報セキュリティマネジメントシステムの推進体制

経営層によるトップマネジメントを中心としたマネジメントシステムを構築し、PDCAサイクルに沿って運用することで継続的改善に努めています。

品質維持への取り組み

ニスコムではお客様満足と社会貢献のため、プロジェクト運用の健全化とPM(プロジェクトマネージャー)の育成を推進しています。
創業から長年にわたり蓄積してきたノウハウや技術力を基盤に、徹底したプロジェクトマネジメントや実践的かつ継続的なPM研修を実施することで、高品質かつ信頼性の高いプロジェクト運営を実現します。

環境・社会への取り組み

環境活動への参加

ニスコムでは地球温暖化対策の強化のため、環境省が行っているFun to Share活動やCOOL CHOICE活動へ参加しています。

ニスコム宣言として、 「ITインフラ運用の省電力化で、低炭素社会へ。」を掲げ地球温暖化防止に貢献しています。

省エネルギー化へ向けた活動、サービス提供を積極的に推進し、地球温暖化防止に貢献しています。

社内では温度計を設置し、エアコンの適切な温度設定やこまめなスイッチオフによる節電を呼び掛けています。
また、気温に合わせて柔軟な服装で仕事に取り組めるように「COOLBIZ」の呼びかけも実施しています。

Fun to Share

地球温暖化対策の最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていこうよ!という合言葉です。

ガマンしながら頑張るのではなく、さまざまな地域・団体・企業の技術や取組により低炭素社会を作ろうという発想です。

COOL CHOICE

環境省では、地球温暖化対策のための「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。
この「COOL CHOICE」の主要施策のひとつとして、冷房温度の適正化とその温度に適した軽装や取組を促す「クールビズ」を推進しています。

COOLBIZ

環境省は冷房時の室温を28℃で快適に過ごせる軽装や取組を促すライフスタイル「COOLBIZ」を推進しています。
ただし、「28℃」は目安です。冷房時の外気温や湿度、建物の状況、体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組を推進しています。

LIMEX

環境活動の一環として、木と水の資源を守る新素材「LIMEX」を使用した名刺を使用しています。1箱100枚の名刺を作成するための水10リットルを削減することができます。

社会貢献への取り組み

ニスコムではNPO法人 エコキャップ推進協会が行っている「リサイクルの促進」、「CO2の削減」、「売却益で発展途上国の医療支援」、「障がい者・高齢者雇用促進」活動へ賛同し2010年からペットボトルキャップを集めて寄付しています。

また、エコキャップリサイクルをはじめとした社会貢献活動を実施しています。

ECOCAP

災害対策への取り組み

地震等の災害を想定し、本社機能復旧の行動計画を策定。また安否確認サービスを利用した従業員の安否確認運用訓練を年2回実施することで、従業員の安全の確保及びお客様へのサービスを継続できる仕組みを構築しています。

オフィスでの3日間の備蓄品の他、従業員へは入社日に災害時携帯グッズを配布しています。
従業員向けサイトの災害対策ページで情報を発信したり、徒歩帰宅訓練や応急救護訓練などの継続的な災害対策も実施しています。