ニュース News

2016.01.08

FootPrints Service Core日本語化キット取り扱い開始のお知らせ

ニスコム株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾上 卓太郎、以下 ニスコム) は、2016年1月25日より、BMC FootPrints Service Core V12 (以下 FootPrints) 日本語化キットをリリースいたします。

FootPrints はマクニカネットワークス株式会社 (本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役社長:宮袋 正啓) が販売してきたNumara RapidTrackerの後継製品でございます。

◆FootPrints Service Core V12の特長
FootPrintsはヘルプデスク運用業務をサポートするITILベースのサービスマネジメントツールです。
RapidTrackerから信頼の機能を引き継いでさらに洗練され、操作性・視覚的に富んだGUI、モバイルデバイス対応など、ユーザーの満足度と生産性を向上するようアップデートが図られており、お客様のビジネス拡大につながる機能をご用意しております。

◆日本語化キットの提供
FootPrintsはビー・エム・シー・ソフトウェア株式会社 (本社:東京都中野区、代表取締役社長:須崎弘一郎) より英語版が販売されておりますが、このたびニスコムが日本語メニューを開発いたしました。
日本語化キットによって国内ユーザー様により使いやすい環境をご提供いたします。
※日本語化キットのみのご提供は行いません。

◆現在RapidTrackerをご利用のお客様
使い慣れたRapidTrackerの環境を最新のFootPrintsへ移行する方法につきまして、お客様環境に合わせた最適な提案をご用意し、お知らせする予定でおります。FootPrintsへの移行をぜひご検討ください。

◆本件に関するお問い合わせ
 ニスコム株式会社
 ソフトウェアサービス
 電話:03‐6681‐4305
 E-mail: ss_gr@niscom.co.jp

 

※文中に記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて掲載日時点のものです。